パートナーが独身と偽わって…

パートナーが独身と偽わって浮気した場合、パートナーの浮気相手に慰謝料は請求できるのでしょうか。残念ながら、このケースでは、パートナーの浮気相手に慰謝料請求はできません。不法行為の要件を満たしていないからです。パートナーの浮気相手に慰謝料請求しようとすると、相手に故意もしくは過失がなければいけません。たとえば、浮気相手が既婚者と知っていながら、あるいは十分に知り得る状況にありながら、肉体関係を持ったような場合です。この場合、不法行為が成立するので、パートナーの浮気相手に慰謝料請求可能となります。しかし、パートナーが独身と完全に偽わっていて、浮気相手が本当に既婚者であることを知らなかった時、あるいは、推測できる立場でなかった場合、パートナーの浮気相手に慰謝料請求はできません。相手が既婚の事実を知りえる立場でないと、パートナーの浮気相手には、慰謝料請求はできないのです。むしろ逆に、パートナーの浮気相手から慰謝料を請求されるかもしれません。パートナーが独身と偽って交際していて、浮気相手に結婚の約束などをしていた場合、精神的被害を与えることになるからです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ