浮気、不倫、不貞行為の意味の違い

男女関係のもめごとでよく出てくる言葉に、浮気、不倫、不貞行為があり、日常、これらの言葉はよく聞きます。テレビのドラマでは、浮気や不倫をテーマにしたものが多く、よく放送されています。裁判のシーンでは、よく不貞行為という言葉が使われます。ただ、これらの言葉の意味の違いは、明確にはわかりづらいものがあります。浮気、不倫、不貞行為の意味の違いはどこにあるのかというと、よくわかりません。特に、浮気と不倫は、混同しがちで、同じ意味としてよく使います。浮気は幅広い意味で使われます。異性と食事をしても浮気という人もあれば、エッチをしたらはじめて浮気という人もいて、人の意見は様々です。人によって考え方は色々で、広範な意味合いで、浮気という言葉が用いられています。実は日本の法律では、不倫や浮気という言葉は法律用語ではないので、定義はありません。不貞行為は法律用語になり、客観的に見て不貞行為があったと認められると、離婚の法律要件になります。一般的には、婚姻関係にある者が配偶者以外の異性と性的交渉を結ぶ場合に不倫といい、婚姻関係や恋愛関係のある物全てを含んで、別の異性と性的交渉を結ぶ行為を浮気と呼んでいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ