肌ケアの基本

保湿が満足にできていなく皮膚が乾燥してしまうことや、ゴシゴシと顔を洗ってしまったり、小まめに洗顔をすることで必要な皮脂までも落とし、角化異常になってニキビができてしまうことがあります。思春期にニキビができやすいことから、思春期向けのニキビケア商品が販売されていますが、この商品を大人が使ってしまいますと悪化することがあります。思春期になるニキビの原因は主にホルモンバランスであり、過剰な皮脂の分泌によってなってしまいますので、ニキビケアの商品は皮脂を抑えることが重点とされています。10代のお肌は20代や30代のお肌と比べて保湿力も高く、過剰な皮脂を抑えても充分な保湿力があることから皮膚の影響は少ないので、ニキビができない環境になると共に数を減らすことができます。しかし大人ニキビは年齢と共に保湿量が減ってくることから、思春期のニキビケアを使いますと必要な皮脂まで抑えてしまいますので、逆にお肌に負担が掛ってしまうのです。そして間違った肌ケアと同じくらいに食生活や生活習慣の不摂生、ストレスも角化異常が起こりニキビができやすい環境となりますので、バランスの取れた食事と睡眠時間が確保できる規則正しい生活、ストレスが発散することができる運動を取り入れればお肌の調子も良くなってきます。

またニキビやしこりができてしまうと、芯を取った方治りが早いと聞いたことがあるという人はいるかもしれません。実際に皮膚科に行くと、ニキビの芯を出す治療法である面皰発出という治療を行っている場合もあります。ですが、実はセルフケアで無理にニキビの芯を取るというのは、避けた方が良いことなんです。洗顔をしているうちに簡単に取れてしまうような芯であれば、とくに問題はないですし、赤ニビキを予防するという意味合いではお勧めになりますが、ピンセットやツメなどで無理やり取ったりすることは、避けた方がいいんですよ。このような無理やり取ることで、ニキビ跡が残ってしまったり、炎症によって色素沈着が起こってしまったりすることもあります。また、ニキビの芯を取ったところにあいた穴で、細菌の繁殖を増殖させてしまう事があり、ニキビが悪化するということもあるんです。どうしても頑固なニキビの芯を取りたい時には、皮膚科などで相談をしてみてください。また、美容皮膚科などに行けば、レーザーによってニキビの頂点に穴をあけ、医療器具を用いて芯を出してくれます。レーザー照射によってニキビの原因菌の活性を失わせることもできますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ